--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の半期末決算期(9月末)がドル円に及ぼす影響

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


9月22日になりました。来週水曜からは10月になりますので、来週の9月は29・30日しかありません。実質、今週も9月最終週とみていいと思います。


9月は日本は半期末になります。4~3月期は日本が多いです。世界的には1~12月期が多く、また世界の主要金融機関(銀行・証券会社・保険会社・ヘッジファンドなど)は、年末決算を避け11月末決算であることが多いです。


ということは、今月末に半期末決算があるのは、主に日本ということになります。


半期末決算に向け、数字をつくるため、ここまでのポジションは一旦閉じられやすいです。ということは、ここまで一方向へ動いた通貨ペアは、一旦利確がでやすい、ということになります。9月末に半期末決算がある日本、ということになると、対象通貨ペアは主にドル円・クロス円ということになるでしょう。その他の通貨ペアは、円ペアほどの影響を受けにくいと思います。


これを言い方を変えると・・・


ドル円・クロス円はこの1ヶ月大きく上昇したので、日本の半期末決算へ向けてロングポジションは利確玉が多く出てくるので、上昇したところは売りが出やすく、月内は上方向は伸びにくい、逆に調整が入りやすい。特に東京タイムに関してはこの傾向が強いのではないか。


ということになります。


ここまで大きく伸びてきたドル円・クロス円は、テクニカル的にトレンドは上方向ですし、底堅いことは底堅いと考えるのが自然と思いますが、こと月内に関しては、このような季節要因を考慮しておく必要がありそうですね。


これは絶対ではありませんが、毎年の傾向としては覚えておくといいと思います。2~3月の年度末も同じですね。



このようなFXトレードのノウハウは、こちらで↓
Online Academy




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。