--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のトレード方法、ドル円・ユーロドル・NZドル円

15:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


今週のトレードですが、基本戦略としては、

・マーケット全体が「ドル買い」の流れになっている
・ドル円を含むドルストレートをドル買い方向に押し目買い、戻り売りすれば、取れる可能性が高い
・オセアニア通貨はとにかく弱い

ということであり、今週の流れの中で具体的には、

・ドル円の押し目買い
・ユーロドルの戻り売り
・豪ドル・NZドルの売り

がやりやすく、利益を取りやすいということは、事前に オンラインアカデミー で解説した通りとなります。オンラインアカデミーのStrategy Viewerを見れば、いま豪ドルとNZドルが売りであることは一目瞭然です。


このような流れの中では、トレンドフォロー(順張り)方向にポジションを取ることが基本ですので、

・移動平均線などのトレンド系のテクニカルをベースに使う
・ボリンジャーバンドはミドルバンドの移動平均、±1σでの押し目買い・戻り売り、ブレイクアウトなどのトレンド系の使い方をする
・押し目・戻りのポイントはオシレーター+ヒドゥンダイバージェンスで
・トレンドの勢いをADXDMIなどで見る
・エグジットはルール通りしっかり伸ばす

といったトレードの基本をひとつひとつおさえていくことが必要です。


トレンド状態か否かは こちらの記事(トレンドを簡単に判断してトレードする方法) に簡単に判断できる方法を先日書いています。


この基本戦略に基づき、今週のトレード例をピックアップしてみます。




ボリンジャーバンドを使った BBトレーディングマスター のトレード例


20140927_eu_h1.png


ユーロドル1時間足

・1.2835で売りエントリー
・平均1.2772で分割エグジット(+63pips)

・1.2731で売りエントリー
・+50pipsで半ポジ利確&ブレークイーブン、ノーリスクで売りポジション半ポジ保有中

といった手堅いトレードになります。このトレード方法の特徴として、エントリー後ほとんど含み損がなく、すぐに利益がのりますので、ストレスの非常に少ないトレードということです。


20140927_nj_h4.png


NZドル円4時間足

・88.03で売りエントリー
・既にブレークイーブンでノーリスク、現在+215pipsでポジション保有中

BBトレーディングマスター のトレードルールだと、見事に戻りの最高のところで売りポジションが建てられます。いまオセアニアは特に弱いので、キウイや豪ドルの売りは安心感がありますね。このようにトレンドが出ているときは4時間足で利益を伸ばすと爆発的に取れることが多いです。




ローソク足とインジケーターを組み合わせた キャンドルマスター のトレード例


20140927_uj_h1.png


ドル円1時間足

・108.61で買いエントリー(日本時間金曜朝9:00)、ストップは108.41(わずか20pipsでOK)
・109.37でエグジット(+76pips)

ほぼ1スイングの底から天井まで取りきった見事なトレードですが、エントリーもエグジットもしっかりルール化されていますし、ポジションを持った後もどこまで伸ばしていいかがチャートを見ればすぐに簡単に分かります。1時間足の場合、1時間に1回だけスマートフォンなどでチャートを見ればいいので、ポジションを持った後でもチャートに張り付かなくていいのがいいですね。


20140927_gu_m15.png


ポンドドル15分足

・1.6320で買いエントリー
・1.6398でエグジット(+78pips)

キャンドルマスター のトレード方法だと、このように15分足デイトレで、ちょっとした戻りをカウンターで取ることもできます。ストップもとても狭くて済みます。この例だとハンマーの後に買うのはやりやすいんですが、その後はエグジットが大切です。この例のように、きっちりと天井を一旦確認した後にエグジットできるようにならないと、継続してFXトレードで取っていくことは難しいと思います。 キャンドルマスター は、とにかくエグジットにこだわったトレードルールになっています。




これらは全てプロ級のトレード例のように見えますが、どれもトレードはルール化されていますので再現性が高く、スキルレベル(初級・中級・上級)を問わず誰でも簡単にできます。しかも、チャートを読み取る力がつきます。これらのトレード方法はグローバル・スタンダードなので、裁量トレーダーは持っておくべきトレード方法のひとつと思います。


矢印が出たりするインジケーターばかりや人任せでは、トレードは決してうまくなりません。このようなごくスタンダードな方法をひとつひとつものにしていき、自分で判断できるようになることで、どのような相場にも対応できる「トレード力」が身についていくんです。


11月までトレードシーズンは続きますので、まだまだ大きく取れる場面は何度も訪れます。是非これらのトレードマニュアルで「トレード力」を身に着けていただきたいと思います。



ボリンジャーバンドの王道トレード方法↓
BB Trading Master



利を伸ばすエグジット方法(6パターン)は↓
Candle Master




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。