--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポンド円】移動平均線とサポート&レジスタンス

18:15

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



20141212_gj_h4.png


年末に近づき、既にクリスマス休暇でマーケットの参加者は減ってきています。週末の衆議院選挙も結果が見えていますし、あと年末までFOMCくらいしかビッグイベントがありません。



このようなときは、材料不足なので、割とテクニカル通りに動きやすいです。やはり、テクニカルの基本をきちっと知っておくことは、とても大切ですね。



上のチャートは、ポンド円4時間足です。25SMA(紫)とストキャスティクスを表示させています。



2週間前のトライアングルの時は、ずっと25SMAがサポートになっています(水色の楕円のところ)。このサポートは2週間以上も続いたので、次にブレイクした時は、まず「サポレジとして機能するのではないか?」という目線でいることが必要です。これは トレーダーズアカデミー でいつもお教えしていることですね。



昨日のポンド円の上昇したところで、ちょうど25SMAにあたりました(ピンクの丸のところ)。

・25SMAが右下がり
・ストキャスティクスはヒドゥンダイバージェンス

と、条件が揃っていますね。ここは戻り売りポイントになります。ファーストタッチは、効きやすいんです。これも基本です。



その近辺で売りポジションを入れれば、現在約150~200pipsの利益ですね。エグジットは、週末ですので、フィボナッチや、短いタイムフレームで こちら のようにすればいいと思います。



これは、典型的なサポート&レジスタンスですが、サポレジは水平線だけでなく、このように移動平均線でもよく起こります。4時間足では25SMAは特に重要な移動平均線なので、このような動きが起こりやすいです。



このような、移動平均線の特別な使い方と、どうやってエントリー&エグジットしていけばいいかは、 こちら にとても分かりやすくまとめられています。もう2年以上売れ続けている、定番中の定番トレード手法ですね。



MA Trading Master




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。