--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドル円4時間足】ボックスと20日線

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



20150129_uj_h4.png


早朝のFOMCでは、ほぼ想定内の結果だったため、相場は反応薄でした。



ドル円ですが、この1週間、高値は1/20の118.71、安値は1/21の117.16、幅155pipsのボックス相場になっています。これだけの期間、これだけ狭い幅に収まるのは、久しぶりですね。相場の関心がユーロなどに移行しているため、安定通貨同士の組み合わせであるドル円は、動きにくくなってきています。



近いところの材料では、明日の米GDP速報や、来週の米雇用統計になると思いますので、それまではこんな感じが続くのかもしれませんね。



4時間足で見ると、
  • ボリンジャーバンドがほぼ横向き
  • 25SMAがほぼ横向き
  • ADXは25近辺で下向き、±DIが絡んでいる
  • MACDはゼロライン近辺
と、全くのレンジ相場が継続しています。



ボックスの上は1/20高値の118.71ですが、先週から日足ボリンジャーのミドル(緑のMTF点線のライン)にアタマをおさえられていますので、これも目先のレジスタンスにはなりそうです。



ボックスの上を抜けると12/23高値(120.81)、下を抜けると12/16安値(115.55)や1/16安値(115.83)が見えてくると思いますが、現時点ではまだそこまで目指すエネルギーに不足している感じですね。米GDPや米雇用統計が次の材料になるでしょうか。



このようなケースでは、ボックスをブレイクしても、すぐ戻ってくることがよくあります。ブレイクアウトで逆指値を置くのではなくて、戻ったところを入れた方が、リスクが少ないエントリーになりますね。「戻ったところ」とは、短めのタイムフレームで、ミドルバンド・25SMA・リテストなどのポイントが挙げられると思います。エグジットも、早め早めの方がいいですね。




★ クリックの応援をいただければ幸いです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへ



★ 最強FXバイブル、遂に登場!
The Bible 2015




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。