--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ユーロドル】次の戻り売りエントリーポイント

19:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



20150527_eu_h4.png


イエレンFRB議長が年内に利上げ示唆しているドル依然ギリシャ問題を抱えるユーロと、ファンダメンタルズ的には明らかに方向が出ているユーロドルですが、
  • 2週間で600pipsも下落
  • 今週は月末で、ヘッジファンドや金融機関が中間決算
  • 来週はアメリカ雇用統計やECB政策金利発表・ドラギECB総裁会見など、ビッグイベントが続く
といったことから、それなりに調整の戻りも考えられるので、ここからの売りエントリーであれば戻り狙い、になると思います。


先週ユーロドルは4時間足チャートでいい売りポイントがありましたね。復習してみると、
  • 右下がりの25SMAのブレイク後の下からのファーストタッチ
  • ボリンジャーセンターラインの下からのリテスト
などで、矢印の1.11台半ば~後半が売りエントリーポイントになります。


それらを逃してしまったとしても、
  • 25日線
  • フラッグ
  • パラボリックSAR
  • ボリンジャーバンドのスクイーズブレイク
などのブレイクアウト系や、5SMAの傾きなどがエントリーサインになります。


売りポジションは、ストキャスやRSI・ こちら で配布しているエグジット専用インジケーターなどでも、既にエグジットのサインが出ています。少し遅れてサインが出るパラボリックSARやDI、ATRなどでも、そろそろエグジットになるのではないでしょうか。


これらトレンド系のエントリー・エグジットの判断方法は、いろいろな場面で使えるので、今後のトレードのためにも、是非マスターしておくことをおすすめします。このようなトレードをキープすれば、大きく負けることはなく、トレンド時に大きな利益を生みます。


ここからの戻り売りポイントですが、
  • 25SMAのセカンドタッチ
  • ボリンジャーバンドセンターライン・+2σ
  • トレンドライン
  • 20・25日線
  • 今月高値からのフィボナッチカウント
  • 1.1050のサポレジライン
  • 1.1000のラウンドナンバー手前
などが、ターゲットになると思います。トレンド中なので、MAやBB・パラボリックSARなどが、エントリーの目印にいいですね。


来週にイベントを控えているタイミングでは、ここからは大きく狙うのは難しいかもしれないので、狙うとすれば、短期トレードでしょうか。15分足と1時間足の組み合わせなど、やりやすいと思います。




★ クリックの応援をいただければ幸いです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへ



Premiere Club




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。