--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドル円】とても重要なサポート&レジスタンス

17:45

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



20150621_uj_d.png


この日足チャートのテクニカルとしては、
  • 先週水曜に長い上ヒゲを残していること
  • 以後ローソク足2本続けて陰線で、高値を切り下げていること
  • 先週水曜までサポートになっていた、ボリンジャーバンドのセンターライン(ここでは20日線)を、先週木金で割り込んでいること
  • 先週金曜の引けで、25日線も割り込んだ状態で引けていること
  • おそらく今週前半に、短期線(5日線)と中期線(25日線)がデッドクロスしそうなこと
  • ストキャスは下向きで、まだクロスしていないこと
  • 間もなく±DIがクロスしそうなこと
あたりが読み取れると思います。


前日のローソク足の高値を抜けるまでは、 今週前半は戻り売りが出やすい形 になっています。こういったときは、日足チャートの場合、前日高値安値どちらを更新するか、というのは、ダウ理論的にもとても大切ですので、強く意識しておくことをおすすめします。当然サポレジにもなりますので。


先週水曜のヒゲ先(124.44)を抜けた場合、再度上向きサインが点灯しますので、その場合はフレキシブルに対応することになります。 目先のレジスタンスは、20日線か25日線あたり になりそうです。


目先の重要なサポートは、昨年12月高値と今年3月高値がほぼ重なっている、半年間続いたボックス相場の、ブレイクアウト前のレジスタンス122円フラット前後 、になります。ここはちょうどボリンジャーバンドの-2σラインもほぼ重なっています。 半年続いたボックスブレイクのファーストリテスト になりますので、買いオーダーが出てくるとすれば、この手前あたりからとなりそうです。


その下には、半年線(26週線)が120円台前半~半ばにありますので、もし122円ラインを割り込んだ場合は、このあたりが次のサポートになります。



20150621_uj_h4.png


4時間足チャートでは、現在6月10日安値(122.45)でダブルボトムになっています。ただ反発力が弱いので、 122.45前後を割れた場合は、ストップを巻き込みそう です。しかしその場合の最初のターゲットは比較的近く、、日足のサポートである122円前後が考えられそうです。


また、6月5日高値(125.86)と先週高値を結んだ右下がりのライン(X)は、 122.45を割った時点でダウントレンドラインとして成立 しますので、
  • 6月10日安値に当てるパラレルライン(Y)は、ターゲットになりやすい
  • ライン(Y)に近づくと、ファーストタッチは、反発しやすい
  • ライン(X)へ向かった場合のファーストタッチは、跳ね返されやすい
  • ライン(X)を抜けた場合は、サポレジ転換しやすい
  • ライン(Y)もし割った場合は、さらにダブルパラレルがターゲットになりやすい
というような、ライントレードの概念が当てはまってきやすくなります。


また当然、20SMAや25SMAといった重要な中期移動平均線は、重要なレジスタンス になります。


月末も近く、今週は大きなイベントもなく、来週末にはアメリカ雇用統計も控えています。 ファンダメンタルズ的には、今のところ 目先レンジ相場になりそうな雰囲気 です。そのため、今週のトレードの組み立てとしては、

日足と4時間足のサポレジに近いあたりで買い・売りエントリーしていくと、取りやすい

といえそうです。




★ クリックの応援をいただければ幸いです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへ



★ 最強ライブメール、遂に開始!会員制オンラインコミュニティ
Premiere Club




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。