--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポンド円】2週間で800pips下落!ターゲットは・・・

18:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



20150708_gj_d.png


ギリシャ問題や中国株暴落などニュースが多く、ボラティリティ(値幅)が出てトレードチャンスが多いですね。こういう時こそ、FXは、しっかり テクニカルに従い、トレンド系の手法でトレードすれば、大きな利益が取れる んです。


ポンド円の日足チャートですが、
  • インナートレンドライン
  • ボリンジャーバンドのセンターライン
  • 25日線(紫のライン)
などを大きく割り込んでいます。5日線(オレンジのライン=短期線)も25日線(中期線)をデッドクロスし、共に下を向いています。


日足ストキャスティクスは20以下にまで下がっていますが、チャートに表示されている週足MTFストキャスティクスはまだクロスして下に向いたばかりです。


このようなチャートになっているときは、買いポジションを持つのはハイリスク。 1時間足や4時間足で、トレンド系の手法で戻り売りを狙うのが基本 です。フィボナッチなどを使って短いタイムフレームで逆張りを狙う手法もありますが、入れどころと出口管理の難易度が高く、上級者向けです。


4月安値(174.87)から6月高値(195.88)まで、 2ヶ月で2100pipsも上昇 していましたし、 週足では3年以上上昇トレンド が続いています。それなりの調整がはいってもいいと思います。


今日、この2ヶ月の上昇幅に対する38.2%戻しのフィボナッチポイントをつけましたが、通過していますので、もう一段下へ向かう可能性が高そうです。
  • この2ヶ月の上昇の半値戻し(185.38)・61.8%戻し(182.90)
  • 週足ボリンジャーセンターライン・2月高値(185.00近辺)
  • 26週=半年線(183.76)
あたりが、テクニカル的なターゲットになりそうです。


ここはきっちり、戻り売りで対応したい ところです。大きく取れる可能性大です。


では、どのあたりで戻り売りし、どのあたりを狙えばいいのか・・・ こちら に代表的なトレード手法がまとまっていますが、この中で特にトレンド中に効果を発揮するのが、MA(移動平均線)やパラボリックSARなどのトレンド系手法です。これらの手法を使えば、比較的簡単に戻り売り・押し目買いができますので、特に初級者の方には大きな効果があると思います。


これらのトレンド系の手法 を使えば、現在ポンド円は、1時間足だと+250pips、4時間足だと+350pipsの利益です。




★ 無料メルマガ限定スペシャル動画や手法解説・キャンペーン・割引クーポンなど、お得な情報をお届け中!
無料メルマガ登録はこちらから



★ クリックの応援をいただければ幸いです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへ



★ ライブメールでスマホにトレード情報速報してます!会員制オンラインコミュニティ
Premiere Club




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。