--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドル円】高値圏で包み足陰線出現の意味は・・・

17:30

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



20150722_uj_d.png


昨日のドル円日足が、包み足陰線になりました。 ストキャスティクスなどのオシレーター高値圏で出た包み足陰線は、流れの終了を意味することが多い です。


さらに 高値更新後の安値割れ は、ダウ理論で上昇終了 を意味します。


ここまでの約2週間上昇の流れは、一旦止まりそうです。ただ、 金利政策面からは、ドルは買われやすく、円は売られやすい ということがあるので、ここから下落トレンドに、というよりは、しばらくレンジ相場、という見かたの方がよさそうです。


サポートは、
  • 直近サポレジになった25日線(いま123.15)
  • 7月8日安値(120.41)からの上昇に対する戻りのフィボナッチ(23.6%=123.51、38.2%=122.92)
あたりが考えられそうです。


トレード方法としては、15分足や1時間足などを使って
  • オシレーターなどで戻りを見つけ、サポートレベルまで短期売りを狙ってみる
  • サポートレベルに近いところで反転シグナルを見つけ、押し目買いを待ってみる
という方法などが考えられますね。


もっと詳しく、ローソク足の組み合わせをトレードに活用したい方は、 こちら !上手くトレードできるようになります。




★ 無料メルマガ限定スペシャル動画や手法解説・キャンペーン・割引クーポンなど、お得な情報をお届け中!
無料メルマガ登録はこちらから



★ クリックの応援をいただければ幸いです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへ



★ ライブメールでスマホにトレード速報中!
Premiere Club




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。