--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドル円】保ち合いブレイクを使う手堅いトレード手法

19:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



20150801_uj_h1.png


今日は、 保ち合いブレイクを使う手堅いトレード手法 をお教えします。


先週のドル円1時間足チャートです。保ち合い三角形(トライアングル)を、(A)で下へブレイクしています。ここで売りポジションを入れるのが、最も基本的なエントリー方法です。


また、 ブレイクアウト後に、ブレイクアウトラインを再確認する動き(リテスト) があることも多いです(B)。 ここも重要な売りエントリーポイント です。


(A)で予定しているロット数の半分を売りエントリーし、(B)で残り半分をエントリーするプロトレーダーも多いです。 エントリー・エグジットとも分割して行うトレード方法 は、 プロフェッショナルやファンドトレーダーが常套手段として使うやり方です(そのやり方は、別の機会に・・・)。


この時点で、(X)-(Y)を結んだ延長線を引いておき、(X)-(Y)と一番離れている(Z)に平行線を引きます。これが、 チャネルライン になります。AまたはBでたてた売りポジションのエグジットポイントは、このチャネルラインにあたったところ(C)になります。


この場合は、(A)123.70(B)123.80が売りポイント、(C)123.20がエグジットになります。+50~60pipsの利益になります。値幅の小さいドル円ですから、十分な利益です。


また、その後(D)のポイントでも、15分足くらいで、全く同じ形が小さく出ています。これも、デイトレで20~30pipsが取れます。


このチャートパターンは、本当によく出てきますし、これは最も基本的なトレード方法のひとつなので、是非覚えておくことをおすすめします。




★皆さんにお願い★
良質なブログを続けるために、クリック数の解析が必要です。1日1クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへ



★無料メルマガにご登録ください!★
無料メルマガだけのスペシャル動画・手法解説・マル秘情報・割引クーポンなどお届けします!
⇒ 無料メルマガ登録はこちらから



★半年で3000pips稼いだシステムを無料で使うには★
Premiere Club




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。