--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドル円】週足下ヒゲ520pipsの解釈と2つのサポレジ

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



20150830_uj_w.png


先週のドル円週足チャートは、終わってみれば520pipsもの下ヒゲでした。


1週間の値幅は585pips!動かない時のドル円は、1ヶ月間で上下100pipsくらいしか動かないこともあるくらいですから、やはり「秋口は大きく相場が動く」ですね。


普通これだけ長い下ヒゲが出ると、底確認で反転になることが多いんですが、今回はそう簡単ではなさそうです。


ファンダメンタルズからみても、
  • 今回の世界的な株安の震源となった中国はまだ不安定
  • 9月中旬のFOMCでの利上げはどうなるかわからない
  • 原油安
など、まだ材料満載で、いつまたリスクオフがやって来るかわかりません。警戒は常にしておいた方がいいですね。


個人トレーダーで警戒っていうと、例えば
  • ちゃんとテクニカル根拠のあるストップロスを入れる
  • 1回のロスは、資金の1%以内におさめるような、適正サイズのロットで入れる
  • ブレイクアウトの逆指値を置いておく
  • タイムフレームを短めに切り替えておく
などが挙げられると思いますが、このくらいやっておけば、先週のような暴落が突然やってきてもOKだと思います。


特に、ストップロスは絶対入れなきゃダメです。FXブローカーの「資金を失うであろう顧客」のNo.1は、「ストップロスを入れない顧客」です。


テクニカルでは、先週の暴落では、ぎりぎりアップトレンドラインと115円台のサポートが守られましたが、やはり、122円手前では、ダブルトップの延長線と26週線が立ちはだかっています。抜けても、20日線25日線などが下がってきていますので、ここから簡単に上へは行かなそうです。


今週は米雇用統計の発表がありますが、まだ相場が不安定で、ボラ大きめです。


ロングであれば、4時間足BBセンター30SMAなどがある120円台前半くらいがポイントでしょうか。強めのサポレジである26週線のリテストになっているので、短いタイムフレームでは、売りのチャンスもあると思います。




★無料手法レポート「デイトレで使える押し目買い手法」は、こちらから無料でダウンロードできます!
⇒ 無料レポートはこちらから



★皆さんにお願い★
良質なブログを続けるために、クリック数の解析が必要です。1日1クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへ



★無料メルマガにご登録ください!★
無料メルマガだけのスペシャル動画・手法解説・マル秘情報・割引クーポンなどお届けします!
⇒ 無料メルマガ登録はこちらから



★半年で3000pips稼いだシステムを無料で使うには★
Premiere Club




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。