--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドル円】強烈なチャートパターンが出てます!

14:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



20150920_uj_h4.png


今年最大の金融イベントのひとつとされたFOMCをもってしても、ここ1ヶ月のレンジをブレイクするには至りませんでしたね。


レンジを示すものとしては、
  • MACDが0ライン近辺を推移
  • RSIが50近辺を推移
  • ボリンジャーバンドがスクイーズしている
  • ADXが25以下
  • 複数のMAがクロスしてからみあっている
などが挙げられます。現在ドル円のチャートではこれら全て出てるので、完全にレンジ相場です。


レンジ相場の時は、チャートパターンになりやすく、ボックス・フラッグ・トライアングル・ウェッジなどが出ます。いまここに出ているのはトライアングルの一種である「ペナント」ですね。


チャートパターン形成中は上下に逆指値が蓄積されていくので、「ブレイクアウトを待っている状態」です。上下に2~3回ずつタッチして、先が細まってくるとブレイクしやすいです。


上のチャートで分かるように、かなり大きなチャートパターンです。このくらいのは、年に数回しか出ないです。このくらいの大きなチャートパターンは、上下どちらへもブレイクし得るので、ブレイクの方向に対して上だ下だと変な先入観は持たない方がいいでしょう。


ブレイクしたら、大きく動くことが多いです。その時は、ブレイクアウトの順張りですね。


レンジブレイクを待つのもいいですし、レンジ中に細かく取りたいのであれば、レンジ上下に近づいた時にオシレーター(ストキャス・RSI・MACDなど)を見ながら逆張りもアリです。


逆張りの場合は、より小さなタイムフレームでダイバージェンスなどが出ていればいいですね。ポジションと逆方向へブレイクしたら必ず損切りします。




★無料手法レポート「デイトレで使える押し目買い手法」は、こちらから無料でダウンロードできます!
⇒ 無料レポートはこちらから



★皆さんにお願い★
良質なブログを続けるために、クリック数の解析が必要です。1日1クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへ



★無料メルマガにご登録ください!★
無料メルマガだけのスペシャル動画・手法解説・マル秘情報・割引クーポンなどお届けします!
⇒ 無料メルマガ登録はこちらから



★半年で3000pips稼いだシステムを無料で使うには★
Premiere Club




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。