--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★20日後に確実に実力アップする特別なプログラム★

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



sg_photo_mbspool_01.jpg


オンライン夏季講習、合計100名様限定のところ、昨日で60名様までいったそうです、ありがとうございます! 残り合わせて40名様弱 みたいなので、ちょうど日曜でいっぱいになりそうです m(_ _)m


来週から20日間毎日1テーマずつ届くので、20日後、本当にかなり実力アップします! (昨年のシンガポールで実証済み)


今年の9~11月秋相場用に、特別にまとめたズバリな内容になっているので、一緒に取りましょうね!


たくさんお問い合わせをいただいているのですが、毎日1テーマずつ届きますが、動画はオンデマンドなので、いつでも好きな時に見れます! 1日10~15分くらい見ればいい ので、ラクですよ!


でも、20日後には、1プログラムにつき4~5時間は見ていることになります(笑)この時点で、かなりの知識が、苦労なく自然に身についていることになるんです。まさに 「継続は力なり」 「少しずつ着々とステップアップ」 ですね!


20回目の最終回には、まだ公開していない素敵なプレゼントも用意してます!

詳しくはこちら



バンコク・シンガポールのアカデミーの写真や、私シンジの写真(笑)やプロフィールなども公開しています!ご興味あれば是非・・・

こちら




★オンライン夏期講習、募集開始しました!★
昨年シンガポールの受講生に実施して、ほぼ全ての受講者が大きく稼ぎ、大成功を収めたプログラム!今年もバンコク・シンガポールの募集は3日で埋まってしまいました。大きく動く秋相場で、大きな利益を取るためには、いま準備しないと勝てません!各先着50名、8/9までの期間限定募集!
⇒ 詳しくはこちら



★先週公開した無料手法レポート「デイトレで使える押し目買い手法」は、こちらから無料でダウンロードできます!
⇒ 無料レポートはこちらから



★皆さんにお願い★
良質なブログを続けるために、クリック数の解析が必要です。1日1クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへ



★無料メルマガにご登録ください!★
無料メルマガだけのスペシャル動画・手法解説・マル秘情報・割引クーポンなどお届けします!
⇒ 無料メルマガ登録はこちらから



★半年で3000pips稼いだシステムを無料で使うには★
Premiere Club

【ドル円】保ち合いブレイクを使う手堅いトレード手法

19:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



20150801_uj_h1.png


今日は、 保ち合いブレイクを使う手堅いトレード手法 をお教えします。


先週のドル円1時間足チャートです。保ち合い三角形(トライアングル)を、(A)で下へブレイクしています。ここで売りポジションを入れるのが、最も基本的なエントリー方法です。


また、 ブレイクアウト後に、ブレイクアウトラインを再確認する動き(リテスト) があることも多いです(B)。 ここも重要な売りエントリーポイント です。


(A)で予定しているロット数の半分を売りエントリーし、(B)で残り半分をエントリーするプロトレーダーも多いです。 エントリー・エグジットとも分割して行うトレード方法 は、 プロフェッショナルやファンドトレーダーが常套手段として使うやり方です(そのやり方は、別の機会に・・・)。


この時点で、(X)-(Y)を結んだ延長線を引いておき、(X)-(Y)と一番離れている(Z)に平行線を引きます。これが、 チャネルライン になります。AまたはBでたてた売りポジションのエグジットポイントは、このチャネルラインにあたったところ(C)になります。


この場合は、(A)123.70(B)123.80が売りポイント、(C)123.20がエグジットになります。+50~60pipsの利益になります。値幅の小さいドル円ですから、十分な利益です。


また、その後(D)のポイントでも、15分足くらいで、全く同じ形が小さく出ています。これも、デイトレで20~30pipsが取れます。


このチャートパターンは、本当によく出てきますし、これは最も基本的なトレード方法のひとつなので、是非覚えておくことをおすすめします。




★皆さんにお願い★
良質なブログを続けるために、クリック数の解析が必要です。1日1クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへ



★無料メルマガにご登録ください!★
無料メルマガだけのスペシャル動画・手法解説・マル秘情報・割引クーポンなどお届けします!
⇒ 無料メルマガ登録はこちらから



★半年で3000pips稼いだシステムを無料で使うには★
Premiere Club

★無料プレゼント★デイトレで使える押し目買い手法

19:30

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



20150730_uj_m15.png


今日は デイトレで使えるテクニック をご紹介します。エントリー、特に押し目買いが苦手な方は、この方法は簡単にできますので、レパートリーのひとつにいいと思います。


ストップが浅くていいのでリスクリワードレシオがいい ですし、マネーマネジメント上、 許容リスクの割に大きめのロットを貼れる ので、費用効率がいいです( 少ない資金で利益が大きく狙える )。


このパターンは、本当によく出てくる ので、覚えておくといいと思います。


今回は無料レポートとして、この手法をPDFにまとめました。こちらから無料でダウンロードできますので、是非ご覧ください!

⇒ 無料レポートはこちらから




★皆さんにお願い★
良質なブログを続けるために、クリック数の解析が必要です。1日1クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへ



★無料メルマガにご登録ください!★
無料メルマガだけのスペシャル動画・手法解説・マル秘情報・割引クーポンなどお届けします!
⇒ 無料メルマガ登録はこちらから



★半年で3000pips稼いだシステムを無料で使うには★
Premiere Club

【ドル円】レンジ相場で使える効果的な押し目買い方法

15:30

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



20150720_uj_h1.png


ドル円はレンジ相場になってます。日米の金利政策の違いからドル高・円安になりやすいので、 どちらかというと買いの方が有利 になりそうです。


でも、どこでも買えるかというと、そうでもなさそうです。レンジ相場だと、ブレイクアウトで高値をつかんでしまうときついです。押し目買いの方がいいですね。


押し目買いの方法は、
  • スイングのハイロー
  • 移動平均線
  • フィボナッチカウント
などのサポレジまで下がってきたところで買い、などが考えられますが、そこが必ずしもいい押し目ポイントになるとは限らないですし、ちょっと難易度高いです。


そのような時、ストキャスティクスやRSIなどのオシレーターを使うと、割と簡単にいいところが見つかります。
  • ストキャスティクスだと、30以下とか20以下でクロス確認後
  • RSIだと、30ラインを下から上へ抜けた後
などのやり方が有名です。ダイバージェンスやローソク足の反転パターン(ハラミ足・包み足・2バーなど)があれば、さらにいいですね。


さらに、もう一段精度を高める方法があります。


タイムフレームを組み合わせる方法です。


例えば上のチャートはドル円1時間足ですが、1時間足のストキャスに、4時間足のストキャスを重ねています。1時間足と4時間足の両方のストキャスティクスが20以下でゴールデンクロスするようなところ(チェックマークのところ)などが、いい買い場です。分かりやすいですよね。


逃してしまっても、矢印のような25SMAで反発するところで押し目買いできますが、オシレーターを使うと反発初動が取れますし、ストップも小さくてすむので、できればポジション入れたいですよね。


1時間足と4時間足の組み合わせはとてもいいと思いますが、もっと短いタイムフレームであれば、15分足と1時間足の組み合わせも、割とよく使われます。




★ 無料メルマガ限定スペシャル動画や手法解説・キャンペーン・割引クーポンなど、お得な情報をお届け中!
無料メルマガ登録はこちらから



★ クリックの応援をいただければ幸いです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへ



★ ライブメールでスマホにトレード速報中!
Premiere Club

やっていい窓埋めトレードと、ダメなものの見分けかた

14:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



20150718_uj_h4.png


ここ3週間、週末にギリシャや中国問題などがあったことで、週末の引け値と週明けの始値が乖離して始まる、いわゆる「窓アケ(ギャップ)」が見られています。


この窓埋めを狙うトレード(ギャップトレード)は、有名ですね。実際のところ、 勝率もかなり高い と思います。


このチャートはユーロ円4時間足ですが、この3週間、週明けの始値で窓(ギャップ)方向にエントリーし、窓埋めのところでエグジットすれば、
  • 270pips
  • 200pips
  • 90pips
と、この3週間で+540pipsと、大きな利益です。


でも、 強いトレンド時にトレンド方向へ開けた窓は、時々埋めないことがあります。


3週間前のポンド円など、間もなく窓は埋めそうですが、最大含み損が1000pipsに広がっていました。これを耐えれる人はいいですが、普通は大きな損切りかマージンコールですね。


このように、窓埋めトレード(ギャップトレード)は、時として致命傷になるリスクもあります。わずか数十~100pips程度の利益のために、数百pipsの含み損を抱えることなどは、資金管理上、大問題です。


上のチャートのように、大きく日足ボリンジャーバンド-2σから外側に乖離してスタートした場合(点線が日足MTFです)、一旦±2σ内に戻る可能性が高いので、そのような場合に限って、戻るところあたりまでトライするとか、精度を高める工夫をするといいと思いますよ。




★ 無料メルマガ限定スペシャル動画や手法解説・キャンペーン・割引クーポンなど、お得な情報をお届け中!
無料メルマガ登録はこちらから



★ クリックの応援をいただければ幸いです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへ



★ ライブメールでスマホにトレード速報中!
Premiere Club




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。